使いたい場所に合わせた水切りかごの選び方。おすすめ水切りも紹介

キッチン用品

食器の水切りに便利な水切りかご。

色々種類があって迷いますよね。

せっかく買うなら自分に合ったぴったりな水切りかごを選びたい!

水切りかごの選び方をまとめます。

水切りかごの選び方

置く場所から選ぶ

まずは、キッチンのスペースを確認します。

シンク横、シンク上、シンクに乗せる、調理台の上など、どこに置きたいか考えてみましょう。

シンクに乗せるタイプ

シンクに渡して水切りできるタイプです。

食器の水切り以外に食材などの一時置きにも使えてスペースを有効活用することができます。

使わない時はくるっと丸めて片づけておけるので、せまいキッチンも効率よく使うことができます。

おすすめ水切り

シリコン水切り

シリコン水切りロング

シンク横に置くタイプ


シンク横に置くタイプは洗う→水切りの動作がスムーズ。

伸縮式の水切りを選べば、使う時は大容量に使え、使わないときはコンパクトに。

シンク横のスペースが小さい、せまいキッチンでも邪魔にならず置くことができるスリムタイプが便利です。

おすすめ水切り

シンクサイド水切りラック 2段

シンクサイド水切りラック 1段

シンク上に置くタイプ


シンク横にに水切りを置くスペースがない、シンクを広く使いたい。

そんな方にはシンクの上に置く水切りがおすすめ。

調理や洗い物の作業がしやすくスペースを効率的に使えます。

おすすめ水切り

2WAY水切りラック

壁面に突っ張るタイプ

シンク周りにスペースがない、調理台が狭い、そんな方には壁面に突っ張れるタイプの水切りがおすすめ。

高さを十分に活かして場所を取らずに食器の水切りが可能です。

おすすめ水切り

突っ張り水切りラック 3段

食器の量から選ぶ

食器の量が多い

家族の人数が多い、たくさんの食器を使うご家庭には、一度にたくさんの食器に対応した2~3段タイプがおすすめ。

さらに伸縮タイプの水切りを選べば省スペースなのに大容量で使えます。

おすすめの水切り

伸縮水切りラック 2段

伸縮式の2段タイプだから1度に大量の食器に対応。

使わないときはコンパクトにもできる水切りかごです。

詳細をみる

2WAY水切りラック

こちらも伸縮式でシンクの幅に合わせてサイズ調整できます。

水切りかご(小)は取り外して位置を変えたり調理台の上でも使うことができます。

詳細をみる

突っ張り水切りラック 3段

壁面を使うことで場所を取らない水切りスペースを確保。

コップやまな板を掛けられるパーツ付き。

詳細をみる

食器の量が少ない

一人暮らし、夫婦で2人暮らし、ワンプレートなど食器の量が少ないのご家庭にはコンパクトな水切りがおすすめ。

場所を取らずに使いたい時だけ広げて使えるタイプだと、キッチンがすっきりします。

また、食洗機をメインに使っていて食洗機に入れられない食器を乾かすのにも便利です。

シリコン水切り

表面がシリコン素材だから滑りにくく音もしにくい。

使わないときはくるっと丸めてコンパクト収納。

詳しくはこちら

伸縮水切りラック 1段

伸縮式で食器の量が多い時は広げて使えます。

包丁立てやまな板立てなどのパーツも充実。

詳しくはこちら

まとめ:ぴったりの水切りを探そう

水切りといってもタイプは様々。

キッチンの形状や食器の量に合わせてぴったりの水切りを選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました