防災|断熱シートは台風の窓ガラス対策にも役立ちます。

寒さ・暑さ対策

地震、台風、水害。

日本では毎年どこかしらで自然災害の被害が発生しています。

日本に住む以上、災害は避けられないことと認識し、できる範囲で備えておくことが大切ですね。

今回は台風時に役立つ情報をご紹介します。

 

強い台風の時には様々なものが風で飛ばされ、家の中にいても安全ではない場合もあります。

風で飛ばされてきたものが窓ガラスを直撃、最悪ガラスの破片でケガということも。

事前に窓ガラスをガードすることで被害を最小限に抑えましょう。

窓ガラスの台風対策

シャッター

シャッターを閉めることで外からの飛来物から窓ガラスを守れます。

風速によってはシャッター自体が壊れてしまう場合もあるようです。

メリット

  • 頑丈

デメリット

  • 暗くなる
  • 外が見えない
  • 取り付けに費用がかかる

段ボール

段ボールで窓ガラスを覆うことで窓ガラスの室内への飛散を防ぎます。

ガムテープや養生テープですき間ができないようにしっかり固定しましょう。

メリット

  • 安価
  • やや頑丈

デメリット

  • 暗くなる
  • 外が見えない

テープで目張り

窓ガラスが割れたとき、破片の飛び散りを少なくしてくれます。

窓ガラス自体の強度があがるわけではないようです。

メリット

  • 貼り付けが簡単

デメリット

  • 窓ガラスが割れることは防げない

 

飛散防止フィルムを貼る

 

透明のフィルムを貼ることで窓ガラスの強度を上げ、割れにくくします。

もし割れた場合でもガラス片が粉々にならず、周囲に刺さりにくいという効果が期待できます。

メリット

  • 光が入って明るい

デメリット

  • 貼れない種類の窓がある

 

断熱シートを貼る

日常的にUVカット、断熱対策として使用しながら万が一の台風対策にもなる。

メリット

  • 断熱効果、UVカット効果に加えて飛散防止効果もある
  • 光が入って明るい

デメリット

  • プチプチ感がある
  • 貼れない種類の窓がある

まとめ 防災に断熱シートを使ってみよう

断熱シートを使えば、冷暖房効率を上げながら万が一の時は飛散防止にも役立ちます。

適度な目隠しをしながら光を取り入れUVカット効果もあるので室内での日焼け防止にもおすすめ。

すりガラス用となっていますが、普通の透明ガラス窓もOKです。

網入りガラスなどには使用できませんので貼れるガラス、貼れないガラスを事前に確認してくださいね。

UV断熱マドピタシート すりガラス対応 90×180cm 全面粘着|Leehm(リーム)メーカー直販店|水切り 圧縮袋 断熱シート
全面粘着ですりガラスにも貼りやすい。3層構造の空気層で窓に貼るだけで寒さ対策・結露抑制。紫外線も約95%カット。光を通しながら目隠し効果も。デザイン入りでインテリア性も◎
タイトルとURLをコピーしました